BLOG

はりとお灸で更年期の症状を和らげましょう

みなさま、こんにちは。

女性にとって生理は大切! と前回お伝えしましたが生理はいつか終わりが来ます。

今回は閉経前後の身体の不調、更年期症候群についてお伝えしていきます。

 

1年間生理がないと閉経となり、閉経前5年、閉経後5年を含めた10年を更年期といいます。閉経の平均が50歳過ぎなので一般的に45歳から55歳くらいが更年期の時期にあたります。

更年期の時期では女性ホルモンの急激な低下により、身体にさまざまな不調が現れます。

頭痛、イライラ、不眠、ホットフラッシュ、食欲不振、ドライアイ、肩コリ、疲労感などなど。

 

なぜこのような症状が出るのか簡単に説明すると…

女性ホルモン減少

⬇︎

脳がもっとホルモンを出すようにがんばる

⬇︎

それでもホルモンが出ないので脳はもっとがんばる

⬇︎

脳がパニックをおこし自律神経系にも影響がでる

⬇︎

異常発汗やイライラなどの不定愁訴が現れる

 

ホルモンを出す命令をするのが脳の視床下部というところで、そこは自律神経の中枢で体温や血圧の調整、睡眠や摂食の中枢、怒りや不安などの情動行動に関わっています。

ホルモンを分泌しようと脳が頑張ることにより同じ部分にある自律神経系にも影響が及ぶということです。

めまい、ホットフラッシュ、不安感、イライラ、食欲不振、不眠などと関係しているのがわかりますよね。

 

更年期を迎えた女性が必ず症状が出るというわけではなく、何も症状がない方、症状が軽い方、重い方など人それぞれです。 症状が重く日常生活にも支障が出るような場合は、我慢せずに病院での受診をお勧めします。女性ホルモンを補うホルモン補充で症状改善がみられますし、漢方薬を処方してくる病院も多いです。

最近は、女性ホルモンと似た働きのある成分「エクオール」が更年期の症状を和らげると期待されていますね。

このエクオールは腸内で作ることができます。食べた大豆イソフラボンが腸内細菌により変換されてエクオールとなります。ただし作れるのは日本人では約50%程です。

自分はエクオールが作れるのか、作れないのか気になりますよね。病院での尿検査ですぐにわかりますし、今は郵送でできる検査キットも販売されていますので気軽に検査できますね。

エクオールを作る細菌が腸内にいないと作ることはできませんが、細菌はいるけど数が少なかったり働きが悪いとエクオールがたくさん作れなくなります。

腸内細菌はストレスや食生活、体調などにより変化しますので腸内環境を整えていくことが大切ですね。

 

自律神経系の調節は鍼灸治療の得意とするところです。

更年期に現れる症状に対して効果が期待できますし、腸内環境を整えるお手伝いもできます。

更年期のツライ症状を和らげたいと思っている方はぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

関連記事

PAGE TOP